【Uber eats】東京都「港区」で稼げるエリアランキング7位〜1位を発表

ウーバーイーツ

東京都「港区」で稼げるエリアが知りたい!

まっしろ
まっしろ

こんにちは、まっしろです。

コロナ禍で配達パートナーとなり、1000件近くの配達を完了してきました。

同じ港区と言っても、とくに稼げるエリアあるのをご存知ですか?

今回は

東京都「港区」の稼げるエリア

をランキング形式で発表していきます。(個人の見解です)

こんな人におすすめ!
  • 東京都港区で稼げるエリアが知りたい
  • 東京都港区に出稼ぎに出る予定だが、どのあたりを攻めればいいか知りたい
  • 東京都港区で効率的に稼ぎたい

では、本記事スタート♪

東京都港区はどこも稼ぎやすい

画像引用元:東京都港区HP「https://www.city.minato.tokyo.jp」

「港区」はオフィス街や繁華街が密集している区でもあるので、どの場所でオンラインにしても鳴りが良く注文リクエストが入りやすいです。

ピークタイム(昼11:30〜14:00、夜17:30〜20:30)は全体にシミが広がっています。

富裕層が多いのでタワマン配達も多いエリアです。

では、「港区」のエリアランキングをどうぞ♪

港区で稼げるエリアランキング

7位:赤坂エリア

画像引用元:

山王日枝神社がドーン!

ビジネスホテルが立ち並ぶ赤坂は出張族も多く注文が入りやすいエリア。

赤坂見附駅周辺は飲食店が沢山あります。

外国人の方の注文がよく入るイメージ。

6位:三田

画像引用元:Wikipedia

慶應大学が近くにあり、学生が多いエリアです。

近くに「慶応通り商店街」があり、ファストフードやチェーン店も多いので比較的近場への注文が入りやすいです。

通路が狭いのが玉にキズ。

小籔さんのすべらない話で登場したカレー屋さん「オーベルジーヌ」があります。

5位:芝浦

画像引用元:https://www.shutoko.jp/fun/lightup/rainbowbridge/

お台場〜レインボーブリッジの向かいのエリアです。

ファミリー層が多く住んでおりこのエリア内で配達が完了することが多いのでコスパは良い。

ただ、タワマン(芝浦アイランドタワー)が多いので一回の配達に時間がかかることも多いですがタワマン配達の練習にもなるので初心者にもおすすめ。

芝浦アイランドタワーは割と入りやすい(手続きがスムーズ)です。

ウバッグよりもコンパクトなデリバッグ。狭いエレベーターでも邪魔になりにくいです↓

created by Rinker
¥3,990 (2024/02/22 10:59:02時点 楽天市場調べ-詳細)

4位:六本木

画像引用元:https://www.roppongihills.com

港区の繁華街と言えば六本木ですね。

飲み屋やクラブも多いので、大量注文もよくあります。

Uber市史上高額チップが出たのも六本木でした。

太っ腹である。

3位:大門〜浜松町

画像引用元:https://www.zojoji.or.jp

徳川将軍墓所のある増上寺がそびえ立つエリアです。

ビジネス街で人通りが多いです。

ファストフード店も多いのでサクサク配達できます。

意外と穴場なのが東京タワーのフードコート。

東京タワーまで登るのは少し大変ですが、個人店ではないので待ち時間も少ないです。

眺めが良い。

2位:麻布十番

画像引用元:Wikipedia

おせんべいやお茶など下町東京グルメが楽しめるエリアです。

おしゃれでレトロな街並みは自転車を走らせているだけでも楽しいです。

個人店しかないと思いきやファストフード店もあるので注文はしっかり入ります。

コンビニの注文もよく入ります。

堂々の1位:新橋

画像引用元:https://www.hamakura-style.com/works/shinbashi_yokocho/

港区での堂々1位はお父さんの街、新橋がランクイン!

陽が落ちてくるとガード下の立ち飲み屋で楽しそうな笑い声が聞こえてきます。

新橋の飲食店はかなり密集しているので狙い目エリアです。

ひとつ欠点があるとすれば、配達先が勝どき〜月島エリアになることが多いことです。

勝どき〜月島に行くには橋を渡らなければならないので、少し大変ですがダブルピックもよく入るエリアでもあるのでコスパ的には良し。

港区でどこに行けば分からなかったらまずは新橋に行こう♪

スマホは腕につけるのが断然おすすめ。自転車に起き忘れることも防げます。取り外して電話やメッセージ送信もしやすいタイプ↓

スマホアームホルダー

いかがでしたか?

「港区」エリアは観光地も多いので移動中目で楽しむことができます。

是非参考にしてみてくださいね♪

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました